Death Cab for Cutie

デス・キャブ・フォー・キューティー

バイオグラフィー
Death Cab for Cutie(デス・キャブ・フォー・キューティー)は1997年に結成されたアメリカ合衆国のオルタナティヴ・ロックバンド。結成当初はヴォーカル&ギターのBen Gibbard(ベン・ギバード)のソロプロジェクトだったが、デモアルバムがレコードレーベルの目に止まり、バンド形式に発展した。 1998年の1stアルバム「Something About Airplanes」などデビューから発売した3枚のアルバム作品はヒットにはならなかったが、2003年の4作目「Transatlanticism」で初のビルボートチャートインを達成すると共に、その後のブレイクへの大きな足掛かりとなった。 2005年にはメジャーデビューとなる5thアルバム「Plans」が大ヒットし、ビルボードで最高4位、全米で100万枚以上のセールスを記録した。続く2008年には「Narrow Stairs」で初のビルボード1位を獲得するなど、2015年の最新作「Kintsugi」まで全てのアルバムがヒットしている人気バンドの一組である。

Death Cab for Cutie

デス・キャブ・フォー・キューティー

Death Cab for Cutie (デス・キャブ・フォー・キューティー)の画像
ジャンル: オルタナティヴ・ロック
インディー・ロック
インディー・ポップ
活動期間: 1997年 ~ 活動中

似ているアーティスト

SUMMER SONIC 2015 サマーソニック2015
FUJI ROCK '15 フジロックフェスティバル2015