Keane

キーン

バイオグラフィー
キーンは1997年に結成されたイギリスのロックバンドである。主音源としてギターではなくピアノを多く用いることで知られており、ロックバンドの中では非常に珍しいタイプである。デビュー以来、これまでに世界中で1000万枚以上のセールスを記録している大人気バンドの一つである。2004年のデビューアルバム「Hopes and Fears」が年間アルバムチャートで2位となる大ヒットとなり、ブリット・アワードのベストアルバム賞を受賞するなどいきなりの大成功を収めた。この年に初来日してフジロック・フェスティバルに出演した。続く2ndアルバムの「Under the Iron Sea」もUKチャート1位獲得、さらに海を渡ったアメリカのビルボード200チャートでも4位となるなど、世界的なヒットとなった。この2作目以降、従来のピアノ×ロックなサウンドに加えて、よりエレクトロニックな音を取り入れた曲調に変化してきている。また、この頃にボーカルのトム・チャップリンが薬物問題を抱え、いくつかのフェスをキャンセルする事態になったが、数か月の療養後に復帰している。「Hopes and Fears」と「Under the Iron Sea」の両方ともが、Q誌による「イギリス史上の名作アルバム」のTOP20に選出された。TOP20に2作のアルバムをチャートインさせたアーティストは、他にビートルズ、オアシス、レディオヘッドの3組しかいない。2012年5月には4thアルバム「Strangeland」がリリースされ、再びUKアルバムチャートで1位を獲得した。

Keane

キーン

Keane (キーン)の画像
ジャンル: オルタナティヴ・ロック
ピアノ・ロック
活動期間: 2000年 ~ 活動中
SUMMER SONIC 2015 サマーソニック2015
FUJI ROCK '15 フジロックフェスティバル2015