Kylie Minogue

カイリー・ミノーグ

バイオグラフィー
カイリー・ミノーグはオーストラリアの女性シンガーソングライターである。妹は女性シンガーのダニー・ミノーグ。現在はロンドンを拠点に活動している。元々は女優としてのキャリアが先で、子役としてデビューし、「ネイバーズ」などの人気TVドラマで活躍していた。1987年の歌手デビュー以来、これまでに世界で7000万枚を超えるレコードセールスを記録すると同時に、グラミー賞やブリットアワードなどの権威ある音楽賞を受賞しており、人気実力共に兼ね備えたシンガーである。1987年のリトル・エヴァの名曲をカバーした1stシングル「The Loco-Motion(ロコモーション)」がオーストラリアのシングルチャートでいきなり7週連続1位を獲得するという鮮烈なデビューを飾ると、翌年のデビューアルバム「Kylie」と2ndシングル「I Should Be So Lucky(ラッキー・ラヴ)」がオーストラリア、イギリスを始めとする世界のチャートを席巻するヒットとなる。デビュー当初は「親しみやすい女の子」という世間のイメージだったが、「大人な女性」という路線へと転向する。その後長らくアルバムの販売は伸び悩むものの、1992年にはシングル曲「Confide in Me」で再びチャート1位、さらにNick Cave and the Bad Seedsと共作した「Where the Wild Roses Grow」がヒットするなど、単発的なヒットを生み出す。2000年にはシングル「Spinning Around」で全豪1位獲得、さらにダンス曲主体のアルバム「Light Years」で初の全豪アルバムチャート1位と、再び人気を取り戻し、同年のシドニー五輪の閉会式でパフォーマンスを行った。この頃からミュージックビデオなどを中心に、よりセクシー路線へと進む。2002年には「Can't Get You Out of My Head」が世界40ヶ国で1位を獲得する、自身最大のメガヒットとなり、セクシーなMVも話題となった。さらにアルバム「Fever」もオーストラリア、ヨーロッパでの大ヒットに留まらず、あまり認知度が高くなかったアメリカでも大ヒットするなど、世界で1000万枚を売り上げた。2005年にはツアーの真っ最中に乳がんが発見されツアーは中止、カイリーも治療に専念するが、翌2006年には見事に復活し、ツアーも再開した。近年は、人気音楽オーディション番組「The Voice UK」の第3シーズンと「The Voice Australia」の第3シーズンの両方でジャッジ役を務め、さらに2014年には新アルバム「Kiss Me Once」が全豪1位を獲得するなど、衰えぬ人気を見せている。

Kylie Minogue ディスコグラフィー

コラボレーション

  • 発売年
  • アルバム
  • タイトル
  • コラボ

Kylie Minogue

カイリー・ミノーグ

Kylie Minogue (カイリー・ミノーグ)の画像
ジャンル: ポップス
ダンス
エレクトロニック
活動期間: 1987年 ~ 活動中
SUMMER SONIC 2015 サマーソニック2015
FUJI ROCK '15 フジロックフェスティバル2015