Little Big Town

リトル・ビッグ・タウン

バイオグラフィー
Little Big Town(リトル・ビッグ・タウン)は1998年に結成されたアメリカ合衆国のカントリー音楽ヴォーカルグループで、男2人/女2人の4人全員がシンガーという構成である。 2002年に1stアルバム「Little Big Town」でデビュー。2005年にベテランカントリー歌手のClint Black(クリント・ブラック)が主催するインディーズレーベル、Equity Musicから2ndアルバム「The Road to Here」をリリースし、初の全米ビルボードチャート入り(51位)、カントリーチャートでは最高12位を記録するロングヒットとなり、アメリカ国内でミリオンヒットを達成する。 2010年代に入るとさらに人気を増し、2010年の4thアルバム「The Reason Why」では初のトップ10入りとなる5位を記録、さらに2012年に「Tornado」では最高2位を記録するなど、カントリー界を代表する人気グループに成長した。 2014年には最新アルバム「Pain Killer」がヒットしており、今後も活躍が期待される。 2013年~2015年まで3年連続でカントリー界の主要音楽賞の一つであるCMAアワードで「最優秀ヴォーカルグループ」に選ばれており、2013年の第55回グラミー賞ではシングル曲「Pontoon」が「最優秀カントリーデュオ/グループパフォーマンス賞」を受賞し、念願のグラミー初戴冠を果たした。

Little Big Town

リトル・ビッグ・タウン

Little Big Town (リトル・ビッグ・タウン)の画像
ジャンル: カントリー
活動期間: 2002年 ~ 活動中

似ているアーティスト

SUMMER SONIC 2015 サマーソニック2015
FUJI ROCK '15 フジロックフェスティバル2015