The White Stripes

ザ・ホワイト・ストライプス

バイオグラフィー
The White Stripes(ザ・ホワイト・ストライプス)は1997年にアメリカ合衆国のデトロイトで結成されたロックデュオで、Jack White(ジャック・ホワイト)とMeg White(メグ・ホワイト)の男女2人で構成される。 ガレージロック、ブルース、パンクなどを融合した音楽性が特徴であり、ギタリストのジャック・ホワイトがローリング・ストーン誌の「音楽史上の偉大な100人のギタリスト」で70位に選ばれるなど、重厚なエレキギターサウンドが持ち味である。 1999年のデビューアルバム「The White Stripes」を含む初期の数作はなかなかメジャーなヒットを生み出せなかったが、2001年の3rdアルバム「White Blood Cells」と2003年の「Elephant」の2作が共にアメリカ国内で100万枚を超えるヒットとなり、一気にブレイクを果たした。この2枚はローリング・ストーン誌の「音楽史上の偉大な500のアルバム」にどちらも選ばれている歴史的な名盤である。また代表曲の「Seven Nation Army」はロック史上に残る名曲と言われている。 その後も人気や勢いが陰ることはなかったが、2007年のアルバム「Icky Thump」を最後に、2011年でホワイト・ストライプスは活動を終了、人気絶頂の中での解散に惜しむ声は非常に多かった。 当初はジャックとメグの二人は姉と弟の関係だとされていたが、後にそれは設定にすぎず実際は夫婦の関係だったことがわかった。二人は2000年に離婚しており、2009年までには二人それぞれ再婚している。

The White Stripes

ザ・ホワイト・ストライプス

The White Stripes (ザ・ホワイト・ストライプス)の画像
ジャンル: ガレージ・ロック
オルタナティヴ・ロック
パンク・ブルース
活動期間: 1998年 ~ 2011年
SUMMER SONIC 2015 サマーソニック2015
FUJI ROCK '15 フジロックフェスティバル2015